TOYOTA 純正ディーラーオプションナビ NSZT-Y68Tの解説(2018-2019年モデル)

TOYOTA 純正ナビ NSZT-Y68T(9インチナビ)

トヨタ アクセサリー | カーナビ/オーディオ | カーナビラインナップ | T-Connectナビ 9インチモデル | トヨタ自動車WEBサイト
先進のスマートフォン連携。充実機能を網羅した高性能モデル。快適を乗せて走ろう。クルマに乗るよろこびをいっそう高めてくれるカーナビ。トヨタのカーナビはますます使いやすく、ドライブをより楽しく、そしてさらに便利な機能を充実させて、乗る人のよろこびをさらに鮮やかに彩ります。ドライブに「快適」という同乗者を乗せて、目的地までナ...

NSZT-Y68Tは、トヨタ純正カーナビの2018-2019年モデル
モニターサイズが9インチのハイエンドクラスに入るT-Connectカーナビです。

上位のNSZN-Z68T(パナソニック製)は、10.5インチのため、取り付け車種がトヨタの大型ミニバンに限定されますが、NSZT-Y68T(9インチナビ)ではより多くの車両に設定されています。

仕様的には10インチナビと非常に似ていますが、こちらのNSZT-Y68T(9インチ・デンソーテン製)について、本記事で解説します。

関連記事

トヨタカーナビ?に加わった新しい仲間、ディスプレイオーディオとは?
トヨタから登場したディスプレイオーディオ。ただのナビなしディスプレイオーディオとは異なり、スマホ連携時代の機能と、オプションでカーナビも追加できる手厚いシステムとなっています。本記事で、ディスプレイオーディオについて詳しく解説します。

NSZT-Y68T(9インチ)はどんなナビ?

概要

9型HD(1280×720ドット)モニターを搭載、DVD/SD/USB/Bluetooth/WIDE FM/AMに対応したSDナビ。

T-Connectに対応

フルセグの地デジチューナーも搭載しています。

※タッチパネルは、スライド・フリック・ピンチ・ドラッグ操作に対応しています。

設定車両:

アクア、ヴィッツ、カムリ、カローラスポーツ、C-HR、タンク、ハリアー、
プリウス、プリウスα、プリウスPHV、ランドクルーザープラド、ルーミー、

そして、ヴォクシー/ノア/エスクァイア/エスティマ/エスティマハイブリッド
(※これらは上位の10インチナビも取付対象となっています。)

ナビ機能

T-Connectに対応したハイブリッドナビとして動作します。

トヨタの純正カーナビは、製造メーカーが違っても地図をはじめとする見た目の印象がほぼ同じになるように設計されています。

関連記事

2018年 トヨタのハイブリッド・ナビゲーション技術とは?
トヨタ新型クラウンや先に発売されたレクサスLS500では、ハイブリッドナビゲーションといわれる技術が使われています。カーナビでいうところのハイブリッドとは何なのか?最近のトヨタ・カーナビの傾向とともに解説します。

VICS WIDEに対応しています。

上位モデルと同様にT-Connect交通情報のデータを利用できますが、VICS WIDEの機能である、プローブ交通情報(2019年3月現在 東京地区のみ)/ 緊急情報 / 気象・災害情報エリアの表示に対応します。

関連記事

カーナビの交通情報システムとは?(VICSとVICS WIDEの違いを解説)
VICSやVICS WIDE、交通情報の仕組みなのはわかりますが、何がいいのか?何ができるのか?どんな仕組みなのか?わかりやすくシンプルに解説します!プローブシステムについても少し触れています。

3年間1回の無料地図更新付

さらにマップオンデマンドに対応していますので、地図更新も簡単です。
※3年経過後は、有料で全地図更新をした後、さらに2年間の差分更新(マップオンデマンド)が可能になります。

AV機能

ハイレゾ対応:

内部で最大24bit/96KHzでの再生に対応、192KHzまでのソース再生も可能ですが、前記サンプリング周波数に内部でダウンコンバートして再生されます。

再生可能音楽フォーマット:

mp3/WMA/AAC/FLAC/WAV/ALAC
※但しFLAC/WAV/ALACはSD/USB上のファイルのみ再生可能

動画再生フォーマット:

MPEG4/AVI/WMV/MPEG2を再生可能です。解像度は最大でフルHD。

Bluetooth Audio

コーデックは、AACとSBCに対応します。

CDリッピング

2~3倍速でSDにデータを格納します。※タイトル情報を音楽DBから取得します。

New! →【関連記事】トヨタ 2019年モデル ディーラーオプションナビのAV機能(動画・音楽再生)を比較

拡張性

バックガイドモニター:

ガイド付バックモニターだけでなく、各種セーフティーモニターにも対応しています。

関連記事

トヨタ セーフティモニター 純正オプションのナビとの適合性を解説
トヨタの純正ディーラーオプションカーナビと組み合わせ可能な、セーフティーモニターシステムとの適合性について解説します。

HDMI入力 x1系統

※オプションの iPod 対応 USB/HDMI 入力端子が必要です。くわしくはこちらの記事をご覧ください。

後席モニターの接続に対応:

このモデルも上位モデルと同様に、後席モニター(V12T-R68C)とデジタル接続可能です。10インチナビと同様、専用ハーネスによる接続になるようです。
よってHDMI出力があるわけではありません。

後席個別再生にも対応します。

ETC車載器:

各種トヨタ純正ETC車載器との連携接続に対応しています。

スポンサーリンク

筆者おすすめは、ETC2.0ビルトインタイプのカーナビ連携車載器です。
ETC/ETC2.0 であれば、これからのおすすめはETC2.0です。

関連記事

2019年 ETC2.0のメリットは?(一時退出の社会実験編)
高速料金徴収だけのETCに比較して、さまざまな追加サービスを提供しているETC2.0サービス。対象エリアがぐんと増えた「一時退出」の社会実験について解説します。

信号情報活用運転支援システム(TSPS)を利用する場合には、光ビーコン付のETC車載器を接続してください。

関連記事

光ビーコンから提供される信号情報活用運転支援システムとは?
最近、ホンダ車を中心に「信号情報活用運転支援システム(TSPS)」を搭載する車両やカーナビが増えてきました。この機能はいったいなんなのか?本当に使えるシステムなのか?紹介します。

ドライブレコーダー:

トヨタ純正のナビ連動型ドライブレコーダーを接続可能です。
各種設定や録画映像の再生などがカーナビ側から操作することができます。

関連記事

トヨタの純正ドラレコ(2018-2019年モデル)は買いか?
トヨタT-Connect純正ナビの2018-19年モデルの発売に合わせ、ドライブレコーダーも新しくなりました。スマホ連携するモデルも追加!ラインナップを紹介します。

ITSコネクト対応ユニット:

DSSS(交差点での安全安心機能)、CVSS(緊急車両存在通知)機能を利用可能です。

関連記事

ACC(アダプティブクルーズコントロール)の次に来る技術?ITS Connectによる追従走行
トヨタの一部車両に搭載されているITS Connectは、車車間通信によってアクセル開度やブレーキの状態を交換し、スムーズな追従走行を実現するものです。現在、メーカー各社が搭載しているACCとの違いやこの技術の今後について紹介します。

その他

Naviconに対応しています。(友達マップのカーナビ上地図表示には非対応)

関連記事

カーナビと連携するスマホ・アプリ NaviConのメリットは?
NaviConは、多くのカーナビアプリが対応しているスマートフォン・アプリです。目的地検索した結果を共有したり、友達の位置をマップで共有することができる、カーナビととても相性のよいアプリです。このNaviConについて紹介します。

SmartDeviceLinkに新規対応 (追記.2019.7)

エントリーモデルのみの搭載されていたSmart Device Linkといわれるスマホ連携機能が追加サポートされるようになりました。

スマホにインストールした、LINK Music、au うたパス、radiko autoと連携し、選局/選曲などの動作がナビの操作パネル側から可能となります。

くわしくはこちら

上位10インチモデルとの違い

大きく異なるところは、「後席会話支援機能」のある/なし程度です。
NSZT-Y68T(9インチナビ)には設定がありません。

その他、実装されている機能は基本同じですが、メニューや画面表示などに、微妙な違いはあるようです。(画面サイズの違いと製造メーカーの違いによるもの)

総括

NSZT-Y68T(9インチナビ)について解説しました。

  • 9型HD(1280×720ドット)ディスプレイを搭載
  • DVD/SD/USB/Bluetooth/WIDE FM/AMに対応したSDナビ
  • T-Connectに対応
  • フルセグの地デジチューナーを搭載
  • ナビ機能
    • 新しいT-Connectに対応したハイブリッドナビ
    • その他、マップオンデマンド、HELPNETやマイカーSecurit、オペレーターサービス等のT-Connect機能に対応
    • VICS WIDEに対応
    • 3年間1回の無償地図更新機能付
  • AV機能
    • ハイレゾ対応(最大24bit/96KHz)
    • Bluetooth Audio (AAC/SBC)
    • CDリッピング(2~3倍速)→SD ※タイトル取得機能あり
  • 拡張性・接続性
    • バックモニター&セーフティモニター対応
    • ETC2.0カーナビ連携車載器に対応(光ビーコン付車載器ならTSPSにも対応)
    • HDMI入力(オプション)
    • 後席モニター対応(デジタル接続)後席個別再生可能
    • 純正ドライブレコーダー接続
    • SmartDeviceLink対応

価格は10インチモデルよりも低価格です。
ヴォクシー/エスティマなどの大型ミニバンユーザーは、10インチだけでなくこちらの9インチも選択の余地があります。

機能的には10インチと同様、ハイエンドな造りの魅力的なカーナビです。

最近は、市販モデルでも9インチナビがいくつか出てきていますので、AV機能では市販でも同等の性能のものが入手可能です。

しかしながら、T-Connectの強力なオンライン機能はこれらのナビ独自の機能です。
購入を検討している方は、これらのオンライン/コネクテッド機能も含めて検討してみてください。

関連記事

TOYOTA 純正ディーラーオプションナビ NSZN-Z68T (2018-2019年モデル) の解説
トヨタ純正ディーラーオプションナビのハイエンド、NSZN-Z68Tを解説します。トヨタミニバンのみの設定です。発表時の記事よりも詳しく解説しています。
トヨタカーナビ?に加わった新しい仲間、ディスプレイオーディオとは?
トヨタから登場したディスプレイオーディオ。ただのナビなしディスプレイオーディオとは異なり、スマホ連携時代の機能と、オプションでカーナビも追加できる手厚いシステムとなっています。本記事で、ディスプレイオーディオについて詳しく解説します。
トヨタ関連記事まとめ
2019年 TOYOTA 関連の投稿記事 ディーラー・オプション・ナビゲーション 2018-2019年 新モデルはこちらです。 New model! トヨタ純正ディーラーオプション・カーナビ(2018-2019モデル) ラインナッ...

 

タイトルとURLをコピーしました