TOYOTA純正ディーラーオプションナビ 7インチのNSZT-W68Tの解説(2018-2019年モデル)

トヨタ T-Connectナビの7インチモデル NSZT-W68T

トヨタ アクセサリー | カーナビ/オーディオ | カーナビラインナップ | T-Connectナビ | トヨタ自動車WEBサイト
先進のスマートフォン連携。充実機能を網羅した高性能モデル。快適を乗せて走ろう。クルマに乗るよろこびをいっそう高めてくれるカーナビ。トヨタのカーナビはますます使いやすく、ドライブをより楽しく、そしてさらに便利な機能を充実させて、乗る人のよろこびをさらに鮮やかに彩ります。ドライブに「快適」という同乗者を乗せて、目的地までナ...

2018-2019年モデルのトヨタディーラーオプションナビの中で、7インチの汎用サイズのT-Connect対応カーナビが、このNSZT-W68T(デンソーテン製)です。

取付可能なモデルも多岐に渡り、気軽に搭載できるT-Connectナビです。

こちらのモデルについて、本記事で解説します。

NSZT-W68Tはどんなナビ?

概要

  • 7インチ(VGA 800×480)T-Connect対応、DVD/SD/USB/Bluetooth/地デジ(フルセグ)SDナビ
  • ハイレゾ対応ではありません。

取付対象車種

アクア、アリオン、ヴィッツ、カムリ、カローラアクシオ、カローラスポーツ、カローラフィールダー、コースター、サクシード、C-HR、ジャパンタクシー、スペイド、タウンエーストラック、タウンエースバン、タンク、ハイエース、ハイラックス、86、パッソ、ハリアー、ピクシスエポック、ピクシスジョイ、ピクシストラック、ピクシスバン、ピクシスメガ、プリウス、プリウスα、プリウスPHV、プレミオ、プロボックス、ポルテ、マークX、ライトエーストラック、ライトエースバン、ランドクルーザー、ランドクルーザープラド、ルーミー、レジアスエース

そして上位大型ディスプレイも搭載可能な下記のモデルにも、こちらの7インチナビが搭載可能です。

ヴォクシー/ノア/エスクァイア
エスティマ/エスティマハイブリッド

※モデルによっては、設定条件により搭載できない場合もあります。

ナビ機能

T-Connectに対応したハイブリッドナビです。トヨタスマートセンターと接続し、サーバーと通信しながらルート検索やガイダンス、目的地検索などを行います。

T-Connectでは、オペレーターサービス、マップオンデマンド、HELPネットなどさまざまな機能を利用することができます。

3年間1回の無料地図更新が付いています。

→【関連記事】2018年 トヨタのハイブリッド・ナビゲーション技術とは?

→【関連記事】トヨタの新しいT-Connectサービス 何ができて何ができないのか?

VICS WIDE対応
T-Connect交通情報のほか、VICS WIDEによるFMからの交通情報受信にも対応しており、VICS WIDEからの情報に含まれる、緊急情報や気象情報などの表示にも対応しています。

→【関連記事】カーナビの交通情報システムとは?(VICSとVICS WIDEの違いを解説)

AV機能

  • DVD/CDドライブを搭載しています。
  • CDリッピング機能のよりSDに録音可能です。(音楽タイトルDBからタイトル情報取得可能)
  • USB/SD/DVD/CD上の音楽ファイルを再生可能です。
    • MP3/WMA/AACの再生に対応
  • USB/SD上の動画ファイルの再生にも対応します。
    • MPEG4/AVI/WMV/MPEG2の再生に対応

→【関連記事】トヨタ 2019年モデル ディーラーオプションナビのAV機能(動画・音楽再生)を比較

拡張性・接続性

バックモニター対応:
ガイド線表示が可能です。
その他コーナービューモニターなどの他のセーフティモニターは接続できません。

ETC車載機:
トヨタ純正のカーナビ連携型ETC車載器を接続可能です。
筆者おすすめは、ETC2.0対応のビルトインタイプです。

 →【関連記事】2018年 ETC2.0のメリットは?(一時退出の社会実験編)

TSPSを利用する場合には、光ビーコン付ETC2.0車載器の接続が必要です。

→【関連記事】光光ビーコンから提供される信号情報活用運転支援システムとは?

外部入力端子:
HDMI x1系統(下記、iPod対応USB/HDMI接続端子オプションが必要)

トヨタ アクセサリー | ナビオプション | iPod対応USB/HDMI入力端子 | トヨタ自動車WEBサイト
トヨタ純正ナビゲーションの紹介ページです。

USB/HDMI端子 増設方法

追記

本件、お問い合わせいただきまして、もう少し詳しく調べてみました。

カーナビ背面のUSB/HDMI接続端子が、特殊な形状なものがつかわれているため、汎用のケーブルでは外部機器の接続ができないようです。

ある程度、車いじりができる方は、下記のような製品で接続する手もあるようです。

※これによって物理的な接続は可能となりますが、カーナビ本体のアクティベーション(設定作業)も必要なようです。サービスモードに入って簡単なメニュー操作が必要な場合があります。
興味のある方は、別途ネット上でお調べてみてください。もしくは、上記製品の説明にヒントが?

 

後席ディスプレイ接続:
V12T-R68C とアナログ接続可能です。(地デジ、DVD、SD/USB動画を表示できます。)
V12T-R68Cには、専用リモコンが付属します。各種ソース選択機能がリモコンから操作可能です。

ドライブレコーダー接続:
ナビ連動タイプを接続可能
イベント録画が行われた地点のアイコンをクリックして録画映像を再生することができます。

→【関連記事】2018年 トヨタ純正ドライブレコーダーは買いか?

ITS Connect:
 DSSSとCVSSに対応しているようです。

→【関連記事】ACC(アダプティブクルーズコントロール)の次に来る技術?ITS Connectによる追従走行

SmartDeviceLinkに新規対応 (追記.2019.7)

エントリーモデルのみの搭載されていたSmart Device Linkといわれるスマホ連携機能が追加サポートされるようになりました。

スマホにインストールした、LINK Music、au うたパス、radiko autoと連携し、選局/選曲などの動作がナビの操作パネル側から可能となります。

くわしくはこちら

その他

  • スライド/フリック/ピンチ/ドラッグ操作に対応
  • ネットワーク接続方法は、DCMかWifiテザリングを選択可能
  • モニター画面のチルト機構は、0°~30°まで7段階

上位ナビ(10インチ・9インチ)との違い(NSZT-W68T)

  • モニターサイズ7インチ
  • ブラインドコーナーモニター、コーナービューモニターには非対応
  • ハイレゾ非対応
  • 後席個別再生機能なし
  • 後席会話支援機能なし
  • 後席モニターはアナログ接続
  • 車両ディスプレイ連携機能なし(マルチインフォメーションディスプレイとの連携動作には非対応)

総括

NSZT-W68Tについて解説しました。

  • トヨタの多くのモデルに搭載可能な汎用7インチ(WVGA)モデル
  • T-Connect対応
  • VICS WIDEにも対応
  • 基本機能は上位の10インチ、9インチとほぼ同等ですが、リアモニターのアナログ接続/セーフティーモニターの対応/ハイレゾ非対応などの違いあり。
  • HDMI入力(オプション)あり
  • ETC連携車載器との接続可能
  • 光ビーコン付ETC2.0車載器をつければ、信号情報活用運転支援システムにも対応
  • 純正ドライブレコーダーとの接続可能
  • SmartDeviceLinkに新規対応

このモデルでも十分にT-Connectの恩恵を受けられます。

※下位のモデル(NSCN-W68)では、同じ7インチですがT-Connect非対応となります。

→【関連記事】TOYOTA 純正ディーラーオプションナビ(10インチ)NSZN-Z68T (2018-2019年モデル) の解説
→【関連記事】TOYOTA 純正ディーラーオプションナビ(9インチ)NSZT-Y68Tの解説(2018-2019年モデル)
→【関連記事】TOYOTA エントリーナビ NSCN-W68に搭載された Smart Device Link機能について考える (2018-2019年モデル)

 

 

タイトルとURLをコピーしました