2018年 日産の純正(ディーラーオプション)カーナビは 買いか?

日産車に装着するカーナビ

新車を購入して装備表を眺めてみますと、標準もしくはオプションでどんなナビが装着できるのかがわかります。標準で工場装着のカーナビが設定されている車だと、他のナビに変更したくても、その工場装着のナビしか装着できないようなものもあります。
かつて私がスカイラインを購入した時にはまさにこのパターンで、工場装着以外のナビを選択する余地がありませんでした。

「カーナビの選び方(種類について)」はこちらの記事もおすすめです。

日産車の中には、標準で「オーディオレス設定」の車も多々ありますので、こういう場合はディーラーオプションの純正ナビ、もしくは市販のカーナビを自由に装着することが可能です。

新車で日産車を選んだのであれば、純正のディーラーオプションのカーナビを検討してみてはいかがでしょうか?現在手に入る3タイプのカーナビの特徴について紹介します。

日産の純正(ディーラーオプション)カーナビ

日産の純正カーナビは、工場装着されるものと販売店(ディーラー)が新車などを販売するときに取り付けてくれるディーラーオプション・カーナビがあります。このうちディーラーオプションカーナビは、「日産オリジナルナビゲーション」などと呼ばれています。

※2018年夏頃から徐々に新モデル(2018-2019年モデル)に切り替わりました。新モデルについてはこちらをご覧ください。New!
日産 純正カーナビ 新モデル(2018-2019年)の変更点は?(旧モデルと比較)
日産純正カーナビ(2018-2019モデル)「MM518D」プレミアムナビの解説
日産純正カーナビ「MM318D」ベーシックナビの解説
日産純正カーナビ「MJ118D」シンプルナビの解説(2018-2019年モデル)

2018年1月現在のラインナップは以下の4つ。
「MM517D」「MM317D」「MJ117D」「MJE17D」

日産:ナビゲーション&オーディオ
ドライブがもっと楽しくなる。旅の風景に音を添える。日産車専用設計「ナビゲーション&オーディオ」

そして日産といえば「日産コネクト」を思い出す方も多いと思いますが、これらすべてがこの日産コネクトに対応しているわけではありません。この機能で選ぶのであればパナソニック製の上位2機種から選択することになります。

日産:NissanConnect サービス

「MM517D」
プレミアムナビ(パナソニック社製)ブルーレイドライブ付 日産コネクト対応
「MM317D」
ベーシックナビ(パナソニック社製)DVDドライブ付 日産コネクト対応
「MJ117D」
シンプルナビ(JVCケンウッド社製)CDドライブ付 日産コネクト非対応
「MJE17D」
EV専用ナビ(JVCケンウッド社製)CDドライブ付 日産コネクト非対応

共通の機能

これら4機種のディーラーオプション・カーナビには、以下のような機能の共通点があります。

地デジ(フルセグ)チューナーあり

ワンセグでなくフルセグ対応、さらに4つのチューナーで受信状態のよいものを自動選曲しますので、キレイに映ります。

VICS WIDE対応

光ビーコンが無くても、一般道の渋滞を考慮したルート計算ができる新しいVICS方式です。

大雨情報も地図上にエリアで表示が可能です。

ピンチ操作で地図拡大縮小

スマホライクに地図操作ができます。

Bluetooth対応

NaviCon接続やBluetoothオーディオ、ハンズフリー通話に対応します。

→【関連記事】カーナビと連携するためのBluetoothの解説

NaviCon対応

NaviConサポート
ogogDes

NaviConはデンソーが提供するスマートフォンと連携するアプリケーションです。
代表的な機能は以下の2つです。

スポンサーリンク

1)スマホのNaviconアプリで検索した目的地のカーナビへの転送機能。もしもカーナビの検索データが古くても、使い慣れたスマホで検索して、目的地を転送することができます。
2)「友達マップ」Naviconを介して位置情報を共有することができ、つるんでドライブするときにお互いの位置をカーナビ上で確かめることができます。

全国地図更新3年3回無料

これらのカーナビ地図は、半年毎に(年2回)リリースされています。購入してから3年間の内に3回の地図更新を無料で受けることができます。

プレミアムナビ「MM517D」の特徴

・エクストレイル/セレナ専用に9インチモデルを用意
・エルグランド専用に8インチモデルを用意
・その他汎用は7インチモデル
・ブルーレイディスクやDVDの再生が可能
・CDリッピング機能あり→SDカードへ
・音声認識・対話機能(Drive Talker)の対応

こんなに便利!Drive T@lker
こんなに便利!Drive T@lkerについての説明です。

・日産コネクトに対応
専用の通信アダプタが付いていますので、日産コネクトのデータ通信とオペレーターサービスが、個人のスマホなどを接続することなく利用可能です。
※オペレーターサービスは、2年目から有料となります。
・Apple CarPlay/Android Autoに対応

プレミアムナビ「MM517D」ナビのおすすめポイント

・車でブルーレイの再生をしたい方はこちらに決まりです。
・エクストレイル/セレナ/エルグランドの車両に装着する場合は、大画面ナビがスッキリと装着できます。

・CarPlayやAndroid Autoなどのスマホ連携機能を使用したい方はこちらがおすすめです。

→【関連記事】2018年 日産純正プレミアムナビ MM517D の解説

ベーシックナビ「MM317D」の特徴

・DVDの再生が可能
・CDリッピング機能あり→SDカードへ
・音声認識・対話機能(Drive Talker)の対応
・日産コネクトに対応
専用の通信アダプタが付いていますので、日産コネクトのデータ通信とオペレーターサービスが、個人のスマホなどを接続することなく利用可能です。
※オペレーターサービスは、2年目から有料となります。

ベーシックナビ「MM317D」のおすすめポイント

・7インチ画面で十分という方、ブルーレイでなくても良いという方には上位モデルでなくてもこちらで十分。
・Andoroid AutoやCarPlayには対応していませんので注意。

シンプルナビ「MJ117D」の特徴

・ケンウッドの彩速ナビ相当の高速動作
・4か国語(日英中韓)に対応
・CD再生(DVDドライブではありません!リッピングなし)
・ETC車載器と接続して連携表示する機能はありません
※EV専用の「MJE17D」とほぼ同等の基本機能です。

シンプルナビ「MJ117D」のおすすめポイント

・日産コネクトには対応しませんが、価格も安くサクサク動作のカーナビです。
・通信料金やサービス料金を更新せずに、無料で長期に使いたい方はこちらがおすすめです。
・VICS WIDEの交通情報機能などは永年使えます。(他の上位モデルも同様)

→【関連記事】日産純正シンプルナビ MJ117D の解説

参考:ケンウッド・市販カーナビ

カーナビ|ケンウッド - KENWOOD -
ケンウッドのカーナビ「彩速ナビ」。高画質・高音質、高速レスポンスを実現。ドライブレコーダー連携や、多彩なメディアに対応したAV機能を搭載した「彩速ナビ」の最新ラインアップをご覧いただけるケンウッド -KENWOOD- 公式Webサイトです。

まとめ

日産の純正(ディーラーオプション)カーナビのラインナップを紹介しました。本体価格やランニングコストによってどれを選ぶか迷うところです。
日産のカーナビは、Nissan CarWingsの時代から、オペレーターによる目的地設定が売りの機能でした。オペレーターサービスは2年目から有料になってしまいますが、コンピューターエージェントと対話するよりも融通がきいて、よい機能だと思いますので、筆者おすすめです。

また、将来的に通話料金やデータ通信料というのは割安になりますので、こういったオンラインサービスを積極的に使ってみるのもよいと思います。
クルマによってサポート状態も異なりますが、日産コネクトにはさまざまな連携機能があります。必要な機能を事前に確認し、対応カーナビを選ぶのがよいようです。

「マイカーファインダー」や、「リモートドア」機能などは使えたら便利だと思います。この辺りの動作確認は、ナビを装着する自動車によって確認が必要だと思いますので、ディーラーに問い合わせてみてください。

→【関連記事】2018年 日産純正カーナビのオプション拡張性(リアモニター,ETC等)を解説

→【関連記事】日産純正ナビ 2018-2019年 新モデルが出ました!主な変更点は?

タイトルとURLをコピーしました