日産純正カーナビ(2020-2021モデル)「MM520D-L」プレミアムナビの解説

2020年-2021年の日産純正カーナビ

純正と呼ばれるカーナビには、大きく分けて2種類あります。

1.車両のカタログなどをみると、各車両に専用設計され、車両の製造時に工場で装着される、メーカー(ファクトリー装着)ナビ

2.販売店が車を販売するときに、販売店の整備工場などで装着されるディーラー・オプション・ナビ(カタログが別の冊子になっていることがあります)

1のメーカーナビは、車両のモデルチェンジと同時に設定されますが、2のディーラーオプションナビは、おおよそ毎年新モデルが発表されます。

ここ数年を見ていますと、2のディーラーナビは、前年の旧モデルに比べて基本機能がほとんど変わることがなく、クラス・ラインナップ間の機能の有無についても大きく変更がありません。

日産のディーラーオプションナビは、ここ何年もプレミアム・スタンダード・シンプルの3クラス構成。新しい2020-2021年モデルも、そのままです。

本記事では、このうちのプレミアムモデル、MM520D-Lについて解説します。

MM520D-Lはどんなナビ?

概要

セレナ専用・エクストレイル専用・エルグランド専用にそれぞれ用意されたSDナビ、プレミアム(最上級)モデルで、フル機能のカーナビです。

主な機能・特徴

  • Blu-rayドライブを装備(ホームレコーダーで録画したBlu-rayディスクをそのまま再生できます)
  • 上記車両専用で、大画面。セレナとエルグランド用は10インチ、エクストレイル用は9インチ
  • NISSAN Connectに対応
  • オプションの後席モニターとデジタル接続可能(HDMI出力あり)等、拡張性もプレミアム
  • ハイレゾ対応
  • パナソニック製
このうち、Blu-ray搭載、後席モニター(デジタル接続)、HDMI入力、ハイレゾ対応は、このプレミアムモデルのみの特徴です。

MM520D-Lの注目機能の解説

無料地図更新

日産では、年2回(7月・12月)に更新地図データをリリースしています。このナビを含むディーラーオプションカーナビは、3年間に3回の地図更新に対応しています。

Blu-rayディスク搭載

Blu-ray/DVD/CDを再生可能です。

このドライブは、BDMV/BDAVに対応していますので、市販タイトルやホームレコーダーからダビングしたものを再生可能です。

尚、BD-R(XL)、BD-RE(XL)、Ultra HD Blu-rayには対応していないようです。

スポンサーリンク

ハイレゾ再生

192kHz/24bit までのネィティブ再生が可能です。
FLACかWAVでハイレゾ音源を作成し、USBもしくはSDで再生可能です。

CD録音

最大8倍速でSDカードに圧縮データで録音し、MUSIC STOCKERと呼ばれる機能で音楽再生が可能です。

Navicon対応

スマートフォンアプリであるNaviconとBluetoothで連携して動作します。

ナビコンで検索した目的地をカーナビ本体に転送したり、ナビコンを利用している仲間の位置をカーナビの地図上に表示することもできます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

カーナビと連携するスマホ・アプリ NaviConのメリットは?
NaviConは、多くのカーナビアプリが対応しているスマートフォン・アプリです。目的地検索した結果を共有したり、友達の位置をマップで共有することができる、カーナビととても相性のよいアプリです。このNaviConについて紹介します。

NissanConnect

プレミアムとベーシックのナビがこのNissanConnectに対応しています。

最速ルート探索、NissanConnectメッセージ、情報チャンネル、ここです車メール、オペレーターサービス(有料サービス・2年目から3,300円)を利用できます。

旧モデルと比較して無くなったものは?

CarPlay/Android Auto 対応がなくなりました。
また、前のモデルではWalkmanのケーブル接続に対応していましたが、これも記載がなくなりました。

主な接続端子と接続機器機器

外部入力端子

HDMIは、Type-E ロックがかかる方式のコネクタです。家庭用TVでおなじみのType-Aケーブルを利用するには、変換ケーブルが必要です。

VTR入力は、TH08コネクタとなっていますので、接続には通常、RCAの赤白黄色に変換するケーブルが必要です。

外部出力端子

後席モニター用の出力は、HDMI Type-Eです。こちらも専用ケーブルが必要です。

ETC/ETC2.0

カーナビと連携するETCおよびETC2.0車載器に接続が可能です。

ETC2.0機器の場合は、高速道路等でVICSの交通情報が受信可能です。

一般に、ETC車載器の方が価格は安いのですが、今後割引や一時退出などの各種サービスが増えると予想されれるETC2.0車載器をお勧めします。

総括

日産のプレミアムナビ、MM520D-Lについて解説しました。

日産の場合は、Blu-rayドライブの設定があるので、ホームレコーダーで録画した番組を持ち込んでみるのにはよいですね。

一方で、CarPlay/Android Autoの対応がなくなり、スマホ連携を期待していた方はちょっと残念かもしれません。

他のモデルとの比較表は、下記の記事に載せてありますので、そちらもご覧ください。

日産純正カーナビ 2020-2021年モデルのラインナップについて考える
2020年秋時点の、日産ディーラー・オプション・カーナビラインナップについて解説します。これらのモデルが2020-2021のラインナップとなります。

 

タイトルとURLをコピーしました