KENWOOD 2カメラ フルHDドライブレコーダー DRV-MR740/DRV-MP740発売

DRV-MR740/DRV-MP740とは?

DRV-MP740 | カー用品 | KENWOOD
ケンウッドブランドの総合情報ページです。ホームオーディオ、カーオーディオ、カーナビゲーション、無線機等の商品情報や、サポートなどの商品関連情報を提供している公式ホームページです。

最近、ドライブレコーダーの売り上げが好調なケンウッドから、2カメラ連動方式のドライブレコーダー2機種(DRV-MR740/DRV-MP740)が発表されました。

発売は2018年10月上旬です。

2つのカメラが連携して録画するタイプのものは、他のメーカーからもいくつか発売されていますが、特にDRV-MP740は、赤外線LED搭載で、後方室内を撮影するのに特化したリアカメラが特徴です。

個人使用では、後方車内の撮影というのはあまり用途が思いつきませんが、特にタクシーやトラックなどの運行管理には適した製品と思われます。

最近のドライブレコーダーは、どんどん機能アップして他社と差別化を図っていますので、だいぶ高機能のものが発売されるようになってきました。

本記事では、このDRV-MR740/DRV-MP740について解説します。

GPSGセンサーをフロントカメラ本体に内蔵、2.7インチモニターも搭載した単体で動作するタイプのドライブレコーダーです。

DRV-MR740/DRV-MP740の基本機能

※写真はDRV-MP740

2つの製品は、フロント用カメラ本体とリア用カメラが同梱されているものです。リア用カメラがこれら2つの製品で異なっていますが、フロントカメラ部の仕様は共通なので、まずはそちらから紹介します。

カメラ部

フロント/リアカメラともにF1.8の明るいレンズ、そして1980×1080のHD画質で録画が可能です。(HDR対応)

駐車中監視機能

別売りの車載電源ケーブルCA-DR150を利用して接続することで、駐車中の衝撃検知録画&動体検知録画に対応します。


動体検知か、衝撃検知をあらかじめ選択するタイプのドライブレコーダーもありますが、こちらはダブルで監視します。
そのため、動体検知のため監視が常に動作しますので、衝撃が検知された場合であっても、その5秒前から5秒後まで(合計10秒)の映像を保存できるということになります。

※動体検知、衝撃検知はフロントカメラ部でのみ行われます。

※設定などで動体検知か、衝撃検知か選択できた方が、バッテリー持ちの点では有利と思われますが、衝撃検知でも5秒さかのぼれるというのは面白いですね。

運転支援機能あり!

フロントカメラ画像の映像解析により、各種安全運転支援機能を内蔵しています。

  • 前方衝突警告
  • 車線逸脱警告
  • 発進遅れ警告
  • リフレッシュ通知
  • エコドライブ表示

また、手動イベント録画も可能です。

スポンサーリンク

その他

  • チューナーへの電波干渉を抑える低ノイズ設計
  • LED信号機の点滅消灯周期と一致しないようにする、撮影コマ数の対策
  • 交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度への対応※

事前無料登録してから1年以内に、レッカー搬送を伴う自動車事故に遭っ場合、ドライブレコーダーの買い替え代金として一律4万円が支払われるそうです。

くわしくはこちらをご覧ください。

付属品

  • microSDカード(16GB)
  • 2ndカメラ(ブラケット付)
  • フロントカメラ用取り付けブラケット
  • シガープラグコード
  • 後方カメラ接続用ケーブル

DRV-MR740/DRV-MP740の違い

DRV-MR740

DRV-MR740は、後方カメラをリアウィンドウなどに貼り付けて追従車両などの様子を撮影するために使用します。

フロントカメラとリアカメラを付属のケーブル(8m)で接続する必要あります。

DRV-MP740

DRV-MP740は、後方カメラはリア室内撮影用です。
フロントカメラと同様に、リアカメラもフロントウィンドウに貼り付けて使用します。(付属のケーブルは0.6mです。)

DRV-MP740のリアカメラには、赤外線を照射するLEDが内蔵されており、夜間でも車内の撮影が可能です。

※後から追従して走行してくるクルマのナンバープレートなどの撮影は、難しいと思われます。(室内撮影が主となるため)

総括

DRV-MR740/MP740は、フロントリアの撮影を高画質、高品質に監視できるドライブレコーダー製品です。

特にDRV-MP740は、後部座席の撮影に特化したところが特徴です。

後席用のカメラは、駐車中の動体検知には利用されませんが、フロントカメラで何か検知したときにはこの後席用カメラによる車内映像が保存されますので、駐車中の監視には有効と思われます。(通常の前方と後方映像では、車のサイドから様子を撮影できませんので。)

大型の内蔵バッテリーは搭載されず、バッテリーからの直接給電なしの簡易的な駐車中監視には対応していません。
駐車中の監視をするためには、別売のケーブル(CA-DR150)が必要です。

しかしながら、衝撃による瞬断対策として、スーパーキャパシタを内蔵しており、この辺りの作りもしっかりしていて好感が持てます。

大容量のキャパシタなら、充電式のバッテリーのような性能劣化もなく、長く使うことができそうです。

簡易的で安価な類似製品は数々ありますが、信頼と品質で、本製品を選ぶ方も多いのではないか?と筆者は思います。

ところで、DRV-MP740(後部座席録画用のシステム)は、フロント用ユニットとリアカメラユニットをどちらもフロントウィンドウに貼り付けて使用するため、相互の配線距離も短く、長い線の引き回しも不要なので、インストールは簡単に済みそうです。

→【関連記事】JVC ブランドから、フルHDドライブレコーダ「GC-DR3」が発売!

 

タイトルとURLをコピーしました