欲しい機能満載のドラレコ PAPAGO! GoSafe S36GS1の解説

PAPAGO! GoSafe S36GS1

ドライブレコーダーPAPAGO! (パパゴ) |
世界各国で人気の高いパパゴブランドのドラ...

2つのカメラで同時記録が可能なドラレコ、GoSafe S36GS1が人気です。

FullHD の2カメラ構成で実売価格が2万円とちょっと。
これはとても魅力的なので、その機能や仕様について調べ、本記事で解説してみます。

GoSafe S36GS1はどんなドラレコ?

概要

Gセンサー、GPSを搭載、2.7型モニターを搭載した一体型ドライブレコーダー
リア用の別体カメラユニットを接続して、前後同時録画が可能です。

カメラ部

フロント

  • 1920×1080 FullHD
  • F 1.8
  • 画角 140°
  • フレーム数 30fps (HDモードでは60fpsも選択可)
  • WDRに対応

リア

  • 1920X1080 FullHD
  • F 1.9
  • 画角 190°
  • フレーム数 30fps
  • IPX7の防水機能あり

フロントリアともにSONYのExmor CMOSセンサーを採用
LED信号対策済みです。

記録部

常時録画
 5分毎にファイルを分割しながら常時録画します。

イベント(衝撃・手動)録画
イベントのタイミングにより、対象となる上記分割ファイル1つもしくは2つを保存します。

静止画撮影
ボタン操作により静止画を撮影します。

防犯検知機能(駐車中の監視機能)
 動体検知もしくはタイムラプス(1fps)撮影が可能です。
※別売りのスマート常時直結電源コード(A-JP-RVC-1)が必要です。


※こちらはスイッチ付きの新モデルの様です。 (駐車中監視が不要なときに、簡単にカットできます。)

スポンサーリンク

付属品

取付用ブラケット、シガープラグ電源ケーブル、microSDメモリーカード(32GB)、ステッカー、リアカメラ他

その他の機能

安全運転支援機能

  • 速度制限標識警告&速度超過警告
    標識を画像認識で読み取って、速度超過の場合に警告を発します。
  • 出発遅延警告
    先行車が信号待ちしている場合に、先行車の出発をお知らせするものです。
  • ライト点灯忘れ警告
    暗くなったときに、ライト点灯を促す警告をします
  • ドライバー疲労警告
    長時間ドライブ時に注意を促します。
  • 車線逸脱警告
    ※リアカメラを利用していない時のみの機能のようです。
  • 前方衝突警告
    ※リアカメラを利用していない時のみの機能のようです。

専用PCビュアーあり

別体のリアカメラは、バックカメラとしての利用も可能
ただし、バックランプの信号線を配線する必要があります。

総括

wifiなどには対応していませんが、デュアルカメラで考えられるさまざまな機能や安全運転支援機能も搭載した多機能なドライブレコーダーです。

実売価格も2万円ちょっとなので、人気のモデルとなっています。

リア用の別体カメラは、バックカメラとしても利用できる様に、バックギアと連動できる配線の仕組みや本体にIPX7の防水加工が施されています。

また、必ずしもバック用につける必要はなく、超!広角なので室内撮影用カメラとしても利用してもよいと思われます。

リアカメラをつけていない、ハッチバック車をお持ちの方にも一石二鳥となり、筆者おすすめの1台です。

丸いレンズをフィーチャーしたデザインも、他社製品と一味違ってカッコイイと思います。

→【関連記事】室内サブカメラ付2カメラ・ドラレコ、コムテックHDR-951GW(赤外線LED搭載)

タイトルとURLをコピーしました