Nagaokaの4Kドライブレコーダー MDVR108WDR4Kを解説!

ナガオカの4Kドラレコ

以前の記事で、ナガオカのドライブレコーダーMDVR104FHDを紹介しました。低価格でちょっと特徴的な機能を持つ製品です。

→【関連記事】 検索 レコード針のNAGAOKAから ドラレコ(MDVR104FHD)がなぜ人気?(吸盤固定と動体検知の使い道を考察)

そのナガオカからリリースされている、4KドライブレコーダーMDVR104FHDについて、そのスペックや特徴を紹介します。

ナガオカのドライブレコーダー「MDVR108WDR4K」とは?

概要

3型液晶およびGセンサーを内蔵した4K画素カメラを持つドライブレコーダーです。

GPSは搭載していません

カメラ部

  • 1/4インチCMOSセンサー
  • 撮影解像度: 4K、2.7K、1080P、720P
  • フレーム数: 最大30fps
    ※西日本でのLED信号対策については不明です。
  • 画角: 対角170°
  • WDR搭載

記録部

  • フォーマット: 動画 MOV, 静止画 JPEG
  • 音声の録音:ON/OFF可能
  • 上書き録画時間:オフ・1分・3分・5分

※「上書き時間の設定」は、常時録画単位時間の設定のことと思われます。
オフにすると、上書きせずに記録メディアが一杯になったところで停止します。
1・3・5分の設定は、ファイル分割時間の指定となります。
上記をオフにしても、最大時間で1つのファイルができるわけではなく、適宜分割されるようです。

  • マイクロSDカード 32Gまで対応しますが、メディアは付属しません。

駐車モード

このモデルも駐車モードを装備しています。(設定により、電源OFF時に起動します)
衝撃感知(低・中・高)により、20秒間の動画を保存可能です。

接続性

  • miniUSB端子
    PCとの接続に使用し、USB接続のリムーバブルディスクとして認識されます。
  • miniHDMI端子
    映像出力として使用できます。ケーブルは別売りです。

付属品

USBケーブル、カーチャージャー(12/24V)、固定ホルダー、取説が付いています。

動画サンプル

※Youtubeの動画サンプルです。

スポンサーリンク
MDVR108WDR4Kサンプル動画昼
MDVR108WDR4Kサンプル動画 夜WDRオン

やっぱりあった!なぞの動体検知モード

MDVR104FHDでも紹介しましたが、電源ONで動作する動作検知モードがこのモデルにも搭載されています。

電源が供給され、ONになっている状態で、メニューから設定を選ぶと動体検知録画がスタートします。

車でこの機能を利用したい場合には、十分な容量のあるバッテリー電源を接続する必要があります。

手動でメニューから起動し、終了もやはり本体操作が必要です。

「車の中で使うことを想定していないのではないか?」と思われる謎の機能ですが、家庭用の防犯カメラとして、応用してみてはいかがでしょうか?

工夫次第で思い白いものになりそうです。そしてこのモデルなら、高画質で記録が残せそうです。

総括

ナガオカから発売されている4Kドラレコ、MDVR108WDR4Kについて解説しました。
機能的にも104の4K版ということで、画質や解像度がアップ、そしてお値段もびっくりするくらい低価格で、非常に求めやすいものです。
とりあえずドラレコを装着しておきたいという方には、入門としても十分なモデルであると思われます。

→【関連記事】レコード針のNAGAOKAから ドラレコ(MDVR104FHD)がなぜ人気?(吸盤固定と動体検知の使い道を考察)

New! →【関連記事】超軽量コンパクトなドラレコ(MDVR201CPFHD)がナガオカから、直販価格は6,458円!

タイトルとURLをコピーしました