ホンダ純正カーナビ 2020年秋モデルのラインナップについて考える(基本性能編)

2021年モデルとなる新カーナビラインナップが発売

Honda|ナビゲーション&オーディオ
ホンダの純正カーナビゲーション&オーディオや、それに関わる多彩なサービスをご案内します。メーカーオプションはもちろん、「快適」と「楽しみ」をさらに進化させたディーラーオプション「Gathers(ギャザズ)」の新ラインアップもご紹介。Gathers製品には安心の3年間6万km保証が付き、サポート体制も万全です。

2020年秋、今年も、ホンダのディーラーオプションナビ(Gathers by Honda Access)の新ラインナップが登場しました。

xxx-20x xxx系の従来モデルの在庫がなくなり次第、xxx-21x xxx系の新モデルのみとなるようです。
本記事では、この秋に新たに登場した、xxx-21x xxx系のカーナビについて解説します。

2021年モデルのラインナップの特徴は?

今年のラインナップも、それぞれマイナーチェンジといいますか、ほどんど型番が変更されただけの更新のようです。

最も大きな変更は、パナソニック製のVXM-215VFEi(ベーシック)とVXM-215Ci(エントリー)にHonda CONNECT対応のモデルが追加されたことでしょうか。

その他も昨年のモデル構成と傾向は全く同じです。

・Premium/Standard/Basic/Entryの4クラス構成
・全モデルインターナビ対応
・全モデル WIDE FM/AMチューナー/Bluetooth/USB, SD音楽・動画再生に対応
・Basicは、機能が省略されたモデルでありながら、8インチモニターを搭載
・Premiumは、XGA解像度のモニターの車種専用設計モデル。Blu-rayドライブの設定は無し!

プレミアムモデル(VXM-217VFNi, VXM-217VFEi)

プレミアムモデルには、9インチと8インチモデルが用意されています。三菱DIATONE SOUND NAVIをベースとしたモデルです。

画面が大型なので、ステップワゴンやフリードなど、取り付け可能車種が限定されます。さらに車種に合わせてチューニングされた音響設定が可能です。

このモデルのみ、モニターはXGABlu-rayドライブの設定はありませんが、リアモニターとのデジタル接続にも対応。HDMI入力端子も備えたフル装備です。

無料地図更新も付いています。

これらのモデルには、「かんたんルートアレンジ」と呼ばれる、ルート変更を指先で行う新機能が追加されているそうです。

ベーシックモデル(VXM-215VFEi)

こちらはパナソニック製の8インチモデル、ベーシックモデルながら大型の8インチ画面が搭載されています。

ベーシックの位置づけは、スタンダードの下となります。上位と比較してCD録音の機能が省略されます。
型番は同じですが、フィットにも対応できるように、Honda CONNECT対応のモデルがラインナップされました。

微妙にHonda CONNECT対応の方が安くなっていますが、何故でしょうか?車両本体の価格にHonda CONNECTのモジュールがすでに含まれている?ことによるのでしょうか?そうだとすれば、リンクアップフリーモジュールを含まない分、安いというわけですね?(筆者の勝手な想像です。)

スタンダードモデル(VXM-214VFi)

静電タッチのモニター、CD論音にも対応したスタンダードモデルです。7インチのため、さまざまな車両に対応します。

プレミアムとの違いは、無償地図更新なし、リアモニター対応なし、車種専用音響設定なし、などです。

多言語対応しています。

Kenwoodの彩速ナビがベースとなっており、幅広い動画や音楽フォーマットの再生に対応しているところが特徴です。

エントリーモデル

ドライブがCD、地デジチューナーも省略したエントリーモデル。こちらも多言語対応しています。

その他の機能については、同じパナソニック製のベーシックモデル VXM-215VFEiに準じているようです。

こちらもフィットに対応し、Honda CONNECTに対応したモデルがあります。

基本性能比較表

クラスプレミアムベーシックスタンダードエントリー
モデル名VXM-217VFNiVXM-217VFEiVXM-
215VFEi
VXM-214VFiVXM-215Ci
製造メーカー三菱電機パナソニックJVCケンウッドパナソニック
価格231,000209,000143,000154,000140,80096,800107,800
対応モデルフリード・ステップワゴンシャトル・ヴェゼル・N-VANフィットシャトル・ヴェゼル・フィット・N-VANフリード・ステップワゴン・シャトル・ヴェゼル、N-VAN、シビック他フィットシャトル・ヴェゼル・フィット・フリード・ステップワゴン・シビック 他
ディスプレイ9 inch8 inch8 inch7 inch7 inch
画素数XGA 1280×720WVGA 800×480WVGA 800×480WVGA 800×480
DriveDVD/CD/SDDVD/CD/SDDVD/CD/SDCD/SD
CD録音・Musicラック・Gracenote
地デジ12seg + 1seg12seg + 1seg12seg + 1seg
WIDE FM/AM
USB 動画音楽
USB/SD動画再生MP4/AVIMP4/M4vMP4/AVI/WMV

スポンサーリンク

/FLV/F4V

MP4/M4v
DVD/CD音楽再生MP3/WMA/AAC

/WAV

CD: MP3/WMAMP3/WMA/AAC

/WAV/FLAC

/Vorbis

CD: MP3/WMA
USB/SD音楽再生MP3/WMA/AAC

/WAV/FLAC

MP3/WMA/AACMP3/WMA/AAC

/WAV/FLAC

/Vorbis

mp3/WMA/AAC
Bluetooth
Audio
/Handsfree
iPod/iPhone接続・音楽再生
車種専用音響設定〇 DIATONE SOUND
HDMI入力

ナビ機能比較表

クラスプレミアムベーシックスタンダードエントリー
モデル名VXM-217VFNiVXM-217VFEiVXM-
215VFEi
VXM-214VFiVXM-215Ci
Navigation
memory and
Music SD
16GB + 8GB8GB + 8GB16BGB + 8GB8GB + 8GB
タッチパネル静電抵抗膜静電抵抗膜
ピンチ操作
Internavi
VICS WIDE
無料地図更新
音声認識
CarPlay
NaviCon友達マップ
多言語対応

総括

こうして見ますと、モデルグレード間の主な機能の有無については昨年モデルと変更なく、そのまま2020、2021年モデルの型番に置き換わった感じです。

ナビ部分は全モデルインターナビ対応していますので、交通情報としては充実していると筆者は思います。

目的地検索などについては、必ずしも機能が充実しているとは言えないかもしれませんが、NaviConなどを利用すれば、スマホで探した地点も手軽に取り込むことができますし、使い方の工夫で十分使いこなせると思います。

ナビや交通情報以外の部分では、これまで他社に一歩譲っている印象のHondaのシステムですが、Honda CONNECT対応のHonda Total Careプレミアムで、更なる安全と便利を手に入れた感じです。

今後の対応車両の拡大と、更なる機能の充実を期待します。

追加オプションについては、別記事で紹介予定です。

ホンダ純正カーナビ(ディーラーオプションカーナビ)2019年秋モデルのラインナップについて考える(基本性能編)
ホンダのディーラーオプションカーナビの新ラインナップを解説します。クラス構成もラインナップもほぼ従来通りの後継モデルが発売になっただけと思ったのですが、よく見ると驚きの事実が!

 

 

タイトルとURLをコピーしました