AKASOの前方・室内 2カメラドラレコ Trace1、ユニークな設計で340°をカバー(机上レビュー編)

AKASOのHDドラレコTrace1

amazonから入手可能なフルHD、2カメラドラレコ。AKASOのTrace1を今回紹介します。
ドラレコとしてだけではなく、ちょっとした机上撮影用途でも気軽に使えそうな予感がする…そんなドラレコです。

Dash Camera
Dash Camera

AKASO Trace1はどんなドラレコ?

Gセンサーを搭載2.0型モニターを内蔵した一体型のドラレコです。
本体前面と背面に画角170°のレンズをそれぞれ搭載、フロント映像と車内映像を同時に撮影することができます。 GPSは非搭載

カメラ部

フロント

  • イメージセンサー:SONY IMX30(Starvis)
  • 画角:170度
  • WDR:あり

リア

  • イメージセンサー:SONY IMX30(Starvis)
  • 画角:170°
  • WDR:不明
  • 4つの赤外光LEDによる簡易照明付(室内撮影用)
    ※光量が不足するときに自動点灯するようです。

記録部

フロント映像

  • 解像度:1920×1080
  • フレームレート: 30fps/60fps
    ※フロント撮影のみの設定の場合に、60fpsで撮影可能。

リア

  • 解像度:1920×1080
  • フレームレート: 30fp
    但し、モノクロ(白黒)撮影です。表示映像も白黒で表示されます。

録画モード

常時録画(ループ)、Gセンサーによる衝撃録画、駐車監視録画
※常時録画時のファイル分割は、オフ/1/3/5分から選択

音声録画:ON/OFF可能
※再生用のスピーカーを本体に内蔵

内蔵バッテリー:あり(充電時間:約3時間、駐車監視待機時間:約20分)

対応SDカード:16~128GB(Class10以上)
※本体には付属しません!

スクリーンセーバー機能:あり(オフ/30秒/1分/2分から選択可能)
※運転中にドラレコの画面が表示されたままですと、運転の妨げになる場合もありますので、一定時間が経過すると自動的消灯する機能です。

付属品:
本体、シガー電源コード(12/24V対応、出力5V/2A)、カメラブラケット(吸盤型)、USBケーブル、ケーブルクリップ。

上記写真以外に、取扱説明書(日本語あり)と内張り外しのようなプラスチック製の工具が付いています。(ブラケット取付用部のゴム部品を外すためのもの)

スポンサーリンク

特徴

  • 本体の全面と背面にそれぞれカメラが内蔵され、前方/室内の同時録画が可能
  • フロントとリアで合計340°の画角をカバー
  • 前途ともにSONY Starvisセンサーを搭載し、暗い場所での撮影にも有効
  • バッテリーを内蔵し、その容量範囲内でGセンサーによる駐車中の衝撃監視に対応
  • 低価格ながら、2カメラ、HD録画、暗視、駐車監視に対応

机上レビュー(取付編)

カメラブラケットは、吸盤でフロントガラスに張り付けるタイプですが、このブラケットとカメラの接続部がしっかりとしているのが好印象。カメラのフロント部のロゴ(ゴム製)を取り外すと、ブラケットの取付部の凹みが現れるようになっています。

なぜこんな仕様になっているか考えたのですが、いわゆるGO PROのようなアクションカメラ的な車以外での使い方も想定されているような気がします。
(もしくは、単の製品と筐体を共通化して使用しているだけかもしれませんが…。)

直方体の四角い筐体なので、ポンと置きやすく、車以外にもちょっとした記録映像を残すのによいかもしれませんね。(バッテリーも内蔵しているので短時間ならOK。もしくはUSB給電で使うのもありです。)

※本製品は、Go Proのような防水設計やスタビライザー機能はありませんので、ご注意ください。

シガープラグコードがついていますし、本体のみの貼り付けで、前方+室内の録画ができますから、非常に手軽です。各操作ボタンも四角くて大きいので、操作しやすくなっています。

総括

最近のドラレコは、流線形だったり薄型・小型の筐体の製品が多いのですが、このTrace1は小さな箱型でデザイン的には逆に新しさを感じます。ポンと置いたり、ボタン操作もしやすく、なかなか好印象のドラレコです。

室内撮影は白黒となりますが、ドラレコとしての室内記録用ですから、これで十分と思います。撮影をフロントのみの設定にしたときに、60fpsで撮影ができますので、やはりこの辺りも車以外での使用を意識したところがあるのかもしれません。

手軽にいろんな用途を探してみるのも楽しいの思います。

フロントとリアのカメラで、全周に近い340度をカバーしているのもいいですね。

一般に、360°の全周記録システムというのはすでに他社からもいくつかの製品が発売されているのですが、比較的粗い映像になってしまい、先行車のナンバーさえ読みづらいものもあるようです。

Trace1なら、前方衝突時の詳細映像だけでなく、駐車場などでの側突などにも証拠映像を残せると思いますので、なかなか面白いシステムと思います。

本システムのように、完全な全周記録には及ばないまでも、フロント映像を重視して、低価格でほぼフルカバーしているというところが他に無いユニークなドラレコです。

今回は、机上レビュー編ですので、続いて実際に使用したレビューを投稿します。
公開まで少しお待ちください。

クーポンコード(CODE:JLFRK6ES)の適用で、今なら15%以上割引価格で購入できるようです!

タイトルとURLをコピーしました