360°全方位録画、コムテック・ドラレコ、HDR360Gなら幅寄せ・あおり運転も記録?

360°全方位ドラレコ

ドライブレコーダー HDR360G | COMTEC 株式会社コムテック
TVCM放映中!360°カメラ搭載で前後左右全方位を記録。駐車監視対応。前方の事故だけでなく、側面・後方からの追突やあおり運転、幅寄せなどの映像も記録可能。垂直方向の視野角も180°以上で従来の360度ドライブレコーダーでは映りにくかった信号機もしっかり記録します。

これまで多くのドラレコは、「前方向と後方」、もしくは「前方向と車内」の2カメラ構成がもっとも広範囲な録画領域だったわけですが、360°の全方位を1度に録画するタイプのドライブレコーダーが発売されました。

コムテックのHDR360Gを紹介します

多くのカメラが、前方向と後方向を別のカメラにしていたのは、おそらく撮影解像度の問題が大きかったと思われます。前後車両のナンバーをはっきりと残すため、撮影範囲を絞って前後別映像として保存するのが普通です。

今回のHDR360Gは、1つの魚眼レンズで、1ファイルもしくは2ファイルに分割して録画するという仕組みです。

本記事では、その特徴について解説します。

HDR360特徴

HDR360の取り付け方法

本体をフロントガラスの上部に、両面テープで取り付けます。

取付後、本体下部に360°全方位を録画する魚眼レンズが来るようになっています。
これを地面と水平になるように調整します。

レンズ周囲方向に360度、その垂直方向は240度の撮影が可能です。
取り付け時には天井方向の120度を除く、広範囲の録画が可能です。

結果、車両の前後左右と、レンズ真下の床方向(天井方向の120度を除く)がすべて1枚もしくは2枚に分割した映像として録画されます。

付属品

  • microSD 16GB
  • シガーライター電源コード
  • 取り付け用の両面テープ
  • 「ドライブレコーダー搭載車」のステッカー

※駐車時録画用の専用電源ケーブルは別売りです。

本体構成

GPS・Gセンサー、モニター(2.4型)を本体に内蔵した一体型ドライブレコーダー

※Gセンサーの検知感度は4段階で設定可能

カメラ部

  • 1/2.5 型 CMOS センサー
  • 有効画素 340万画素
  • WDR搭載

記録部

録画ファイルフォーマット
MP4(MPEG-4 AVC / H.264
29.1fps(LED信号点滅対策あり)

記録モード

  • ラウンド(1856 × 1856)
    ※全周囲を1つの円形の画像として記録
  • 2 分割(1440 × 1080)
    ※前方と後方で2つの映像に分割して記録

録画機能

  • 常時録画(1分毎にファイル分割しながら録画)
  • 衝撃検知録画(1分ごとの分割ファイルを保存、但しファイル分割時間の前後10秒以内の場合には、それぞれ直前や直後のファイルも同時に保存されます。)
  • マニュアル録画(ボタン操作があったタイミングのファイルを保存します。)
  • 駐車中衝撃イベント録画(オプションの電源コードを利用した場合に使用できます。)

駐車モード(別売りの専用電源接続コードが必要)

  • タイマー設定可能(30分/1時間〜【1時間刻み】〜12時間)
  • 停止電圧の設定が可能(11.7~【0.1V刻み】~12.2V)

※ラウンドモードで最大9時間、2分割モードで最大10時間分の録画が可能(microSD 16GB時)。5fpsなので長時間の記録ができますが、あとはどこまで車のバッテリー電力が持つかということになります。

寒冷地仕様の大型バッテリーを積むと効果的と思われます。

また、あまりに真っ暗なところに車が駐車されていると、暗くて映像がきちんと映らないかもしれませんのでご注意を!

スポンサーリンク
※駐車中にも常時録画する仕様です。

駐車監視・直接配線コード HDROP-14 

駐車モードの特徴

  • 駐車モードでは5fpsで常時録画
  • 衝撃があると、1分毎に常時録画している対象ファイルを保存

※ファイル分割タイミングの前後10秒以内であれば、それぞれ直前と直後のファイルも同時に保存します。

他のモデルによくある駐車中モードは、節電のため、衝撃を検知したら即座に一定時間の録画を開始するというものです。

本モデル(HDR360G)は、駐車中もコマ数を落として常時録画していますので、衝撃を検知する直前の映像も残すことができます。

映像再生

専用PCビュワーあり
マウスで映像をドラッグして、撮影された映像の方向を動かすことができます。

※参考までにYoutubeのサンプル画像はこちら。

360°ドラレコ コムテック HDR360G

その他

  • スーパーキャパシタによる瞬断対策あり
  • ビデオ出力あり(別売りのAVケーブルで、カーナビなどのアナログ入力へ接続可能。録画済み映像を見ることができます。)
  • ADAS機能がついています。
    先行車発進お知らせ機能/先行車接近お知らせ機能/車線逸脱お知らせ機能/ドライブサポート機能(急加速・急減速・急ハンドルを検出)/車速アラーム機能

総括

解像度という点では、前方のみをHD以上で撮影するドラレコ製品と比べると少し劣りますし、後方画像は室内から撮影した映像のため、後続車のナンバー確認は難しそうです。

しかしながら、全周囲を1つの映像に納められますので、

事故が発生したときの状況を(その場の雰囲気も含め)詳しく知ることができます。

これがこのドラレコの1番の強みではないかと思います。

また駐車中の映像も、コマ落としの常時録画を採用していますし、全方位の録画ができますので有効な映像情報となりそうです。

先日、筆者の知り合いがちょっとした接触事故に遭遇しました。幸い怪我などはありませんでした。また相手側の責任度合いの大きい事故でした。

もし、この全周囲ドラレコの証拠映像があれば、こちら側の責任度合いを、もっと低められたのではないか?と感じます。

おそらく、相手の運転手がよそ見をしていたところが映ったのではないかと思うのです!

筆者も今回いろいろ調べてみて、HDR360Gにとても興味を持ちました。

→【関連記事】ユピテルからフロント/リアセットのドラレコ、DRY-TW9100dが発売

タイトルとURLをコピーしました